Graphic Designer / Researcher

Added on by Laila Cassim.

Hinamatsuri Project

Final-Logo.jpg

ひなまつりという伝統を再解釈するデザインプロジェクト。ボスニア、ポルトガル、日本の3チームがチャレンジワークショップのモデルに基づいたワークショップを同時開催した。ひなまつりをそれぞれ独自の社会的、文化的背景と視点からデザイングッズや作品に落とし込み制作する内容。各チームは現地のデザイナー工業デザイナーのリジア・ロペス(ポルトガル)、プロダクトデザイナーのナタシャ・ペルコビッチ(ボズニア)とグラフィックデザイナーのライラ・カセム(日本)をリーダーにプロジェクトを進めた。

それぞれのワークショップの成果は2014年2月14〜16日「ひな祭りプロジェクトー旧きよき伝統と新しいまなざし」として、京都市のしまだいギャラリーで開催し「我が家のひなまつりへようこそ」展覧会の一環として発表された。

デザインチーム(東京)

デザインリーダー:ライラ・カセム 
デザイナー:松田紗代子、瀬木文、河上真理、大家朋之(東京藝術大学デザイン科)
デザインアドバイザー:サトウ・ヒサオ、荒井康夫、中島郁子

デザインパートナー:あだちの里綾瀬ひまわり園と谷在家福祉園のスタッフとアーティスト

 

The Hinamatsuri project was established to develop different cultural interpretations of Japan's traditional girl's festival, the Hinamatsuri Doll’s Festival. Three teams, each led by professional designers from Bosnia and Herzegovina (Natasa Perkovic), Portugal (Ligia Lopes) and Tokyo (Laila Cassim)worked simultaneously in producing work based on the festival from their own unique cultural and social perspective.

The exhibitions showcasing the three projects “The Hinamatsuri Project – Old Traditions, New Eyes” (See Exhibitions Sectio)was as held at the Shimadai Gallery in Kyoto as part of a 8 Women of Kyoto - Hinamatsuri event, sponsored by the Kyoto Prefecture Food Industry Organisation, from February 14 -16, 2014.  

Tokyo Design Team

Design Leader / Art Director: Laila Cassim
Designers: Sayoko Matsuda,  Aya Segi,  Mari Kawakami, Tomoyuki Ooya
Design Mentor: Hisao Sato,Yasuo Arai, Ikuko Nakajima
Design Partners: Artists and Staff from Himawari-en and Yazaike Fukushi-en of Adachi no Sato

 

 

The Process
 

Pre Workshop Stage / プレワークショップの期間

The beneficiaries in Himawari-en have severe autism and learning disabilities, ages ranging from 18 to 60 years old. Art classes are held weekly for 2 hours for 10 ~15 beneficiaries supported by staff with no art training. 6 weeks prior to the workshop, the design leader visited weekly to assess each beneficiary's artistic abilities. ひまわり園に通う利用者は重度の自閉症・知的障害があり、年齢は18歳から60歳までと幅広い。アートクラスは毎週1回2時間行われ、10〜15人の利用者をアートが専門でない支援スタッフがサポートしている。デザインリーダーはワークショップの6週間前から毎週アートクラスに通い、一人一人の芸術的能力を伺った。

The beneficiaries in Himawari-en have severe autism and learning disabilities, ages ranging from 18 to 60 years old. Art classes are held weekly for 2 hours for 10 ~15 beneficiaries supported by staff with no art training. 6 weeks prior to the workshop, the design leader visited weekly to assess each beneficiary's artistic abilities.

ひまわり園に通う利用者は重度の自閉症・知的障害があり、年齢は18歳から60歳までと幅広い。アートクラスは毎週1回2時間行われ、10〜15人の利用者をアートが専門でない支援スタッフがサポートしている。デザインリーダーはワークショップの6週間前から毎週アートクラスに通い、一人一人の芸術的能力を伺った。

Each beneficiaries was given materials that helped bring out their hidden artistic talent. 利用者それぞれにあった画材や題材を与え、ひとりひとりに秘めているアート能力を引き出した。

Each beneficiaries was given materials that helped bring out their hidden artistic talent.

利用者それぞれにあった画材や題材を与え、ひとりひとりに秘めているアート能力を引き出した。

Art works to be used in the workshop were selected based on texture, style and subject to reflect the wide range or artistic expression. The art works were then digitised and edited (to a minimum) for the workshop. 利用者が製作した作品は様々なスタイルがあり、ワークショップで使うためにその後、色、形、題材などをもとに選別され、最低限に編集された。

Art works to be used in the workshop were selected based on texture, style and subject to reflect the wide range or artistic expression. The art works were then digitised and edited (to a minimum) for the workshop.

利用者が製作した作品は様々なスタイルがあり、ワークショップで使うためにその後、色、形、題材などをもとに選別され、最低限に編集された。

3-day Workshop / 藝大ワークショップ

A 3 day workshop was held in Tokyo University of Arts to create prototypes of the design goods. Design students worked with staff from Himawari-en and professional designers to create products which could either be easily assembled at Himawari-en or could be outsourced - each of which utilises the drawing's unique characteristics to the full. 東京藝術大学にて3日間のワークショップが行われ、本校でデザインを学ぶ学生が、プロのデザイナーと施設の職員のアドバイスをもとにデザイングッズのプロトタイプを製作した。それぞれのデザイングッズは利用者の絵の独特な魅力を活かし、施設内で組み立てられるもの、もしくは外部発注で製作できるものとした。

A 3 day workshop was held in Tokyo University of Arts to create prototypes of the design goods. Design students worked with staff from Himawari-en and professional designers to create products which could either be easily assembled at Himawari-en or could be outsourced - each of which utilises the drawing's unique characteristics to the full.

東京藝術大学にて3日間のワークショップが行われ、本校でデザインを学ぶ学生が、プロのデザイナーと施設の職員のアドバイスをもとにデザイングッズのプロトタイプを製作した。それぞれのデザイングッズは利用者の絵の独特な魅力を活かし、施設内で組み立てられるもの、もしくは外部発注で製作できるものとした。

 

Design Results

"Paper Plates", "Chopstick Packaging" & "Party Cup Holders"  Design: Tomoyuki Ooya

"Gift Cards" & "Sweet Packaging"  Design: Sayoko Matsuda

"Chirashi Party Cracker" &  "Custom Jewelerry"  Design: Aya Segi

"Board Game" Design: Mari Kawakami

"Board Game" Design: Mari Kawakami

Design: Laila Cassim